2014年7月7日月曜日

ゲルブッシュによる振動対策

飛行中の機体を触ると、プロペラからの振動で本体自体がかなり強く振動しているのがわかります。
 ジンバルはCM3000用のマウンタにぶら下がっていますので、改造してゲルブッシュを取りつけたいと思います。

まずは、ゲルブッシュ用の穴を開けます。ぴったりサイズに調整するのが大事なので、慎重に広げます。偶然にも隣の穴と同じなので参考にすると良いです。
 右から、15mm皿ネジ、ロゼットワッシャー、自作ワッシャー、ゲルブッシュです。ちょうど良いワッシャーが無かったので、硬めのビニールを代用しました。APOLLOのケースだったのですが、思いのほか活躍しています。
先ほどの穴に入れて、自作ワッシャーで蓋をすればこうなります。
六角スペーサ(真鍮タカナット)を付けるとこうなります。
1本毎では動きますが、4本とも付けるとしっかり固定されておりグラグラ感はありません。

劇的な効果はないと思われますが、振動が少しマイルドになれば共振点など変わってくる可能性がありジンバルのゴムの調整がしやすくなることを期待しています。

また、ジンバル固定のタカナットを25mmから20mmに変更しました。いい感じです。